ApacheTomcat6インストール手順

アプリケーションサーバApacheTomcat6.0のインストール手順をまとめてみました。最新では単体Tomcat6のバージョンは入手できなくなっていますが、別のバージョンのTomcatを入手することができます。

ApacheTomcat6インストール手順

ApacheTomcat公式サイト
http://tomcat.apache.org/

Windowsであればインスト-ラの付いたファイルをダウンロードします。
https://tomcat.apache.org/download-70.cgi

Tomcatインストール手順
ダウンロードしてきたTomcactのexeファイルを実行します。
Tomcat6の場合apache-tomcat-6.0.45.exe

Tomcatの仕様
Tomcat6.x Servert2.5 and JSP2.1
Tomcat7.x Servert3.0 JSP2.2 EL2.2 and webSocket1.1
Tomcat8.x Servert3.1 JSP2.3 EL3.0 and webSocket1.1
Tomcat9.x Servert4.0 JSP2.4 EL2.2 and webSocket1.1 and JASPIC1.1

Tomcat6.0

ウィザードが出てくるので「Next」次へ

Tomcat6.0

License Agreementが出てくるので内容を確認して「I Agree」次へ

Tomcat6.0

こちらも内容を確認して「I Agree」次へ

Tomcat6.0

サンプルプログラムを試したい場合
Examplesにチェックを入れます。

Tomcat6.0

1.Tomcatを起動するポート番号を決めます。
画像はデフォルトのポートです。

別のアプリケーションサーバも同時に動かしたい場合
ポート番号のマージが発生する場合があります。
競合が発生した場合は起動しないので
conf/server.xmlの編集が必要になります。

2.ユーザーネーム、パスワードを入力します。

Tomcat6.0

利用するJavaJREのpathを選択します。

Tomcat6.0

Tomcatインストール先フォルダを決めます。
OKであれば「Install」を実行します。
※WebサーバのApacheの決まりでは
C:ドライブ直下という決まりがあるので
TomcatフォルダもC:ドライブ直下に配置します。

Tomcat6.0

Run Apache Tomcat Tomcatを起動しますにチェック
Readmeを表示させたい場合はそちらにもチェック
「Finish」を選択。

テスト用(デフォルト)
http://localhost:8080/