smtp4dev

今回はJavaメール送受信ようにsmtp4devをインストールをすることにした。
Windows版だとインストーラ―が付いているので便利ですね。メールサーバーポートも変更できるので色々テストしたりローカル環境からメールを送信できますね。

smtp4dev

今回は、Windows環境で実行 しますのでsmtp4dev-2.0.10.msiをダウンロードします。

https://github.com/rnwood/smtp4dev/releases/tag/v2.0.10

ダウンロードが終了後smtp4dev-2.0.10.msiを実行します

smtp4dev

smtp4devのセットアップスタート画面です。
「NEXT」で次へ

smtp4dev

こちらはよく読んで

smtp4dev

展開先を決めます。今回はC:¥Program File(x86)¥smtp4dev¥を指定したので
展開先ディレクトリにインストールされます。

smtp4dev

今回はスタート時にオートログオンを利用しないので
チェックを入れずに「NEXT」

smtp4dev

そして「NEXT」

smtp4dev

準備が整いました。インストールを開始します。「Install」を押します。

smtp4dev

プログレスバーが出てくるので少し待ちます。

smtp4dev

ほぼインストール完了です。
にチェックを入れると初回に自動起動してくれます。
チェックを入れなかった場合インストール先フォルダ内のSmtp4dev.exeより
起動することができます。

smtp4dev

無事インストールが完了し起動しました。
「Options」より各設定をおこなってみて下さい。
ここでは「Options」の設定についてはふれません。