Java SE Development Kit10

Java開発で必要になるJavaJDKインストール手順をまとめてみました。
IDEのEcripseを利用することもできます。慣れるとどちらも使いやすいということもあり今回はJava SE Development Kit10をインストールします。

Java SE Development Kit10

今回はwindowsマシンを対象として書いてあります。

JAVA_JDK

ダウン ロードはこちら

Accept License Agreementにチェックを入れて64bitマシンであれば
jdk-10.0.2_windows-x64_bin.exeを選択
ダウンロードしてきたexeファイルを実行し
インストールをおこないます。

JAVA_JDK

ウィザードをよく読んで進んでいきます。

JAVA_JDK

開発者を前提としていますのでここはそのまま次へを選択します。
サーバだけの利用であればJREだけでの動作も可能です。

JAVA_JDK

プログレスバーが出てきます。

JAVA_JDK

フォルダの選択です。
インストール先フォルダの「変更」をおこないたい場合は、
「変更(C)...」を選択し インストール先フォルダを指定しましょう。

JAVA_JDK

プログレスバーが出てきてJavaJDKをインストールしています。

JAVA_JDK

「次のステップ(N)」チュートリアルなどが見れます。
JavaJDKのインストールはここで終わりです。
コマンドプロンプトを起動し

C:>java -version

C:>javac -version

C:>set JAVA_HOME

を実行します。

JAVA_JDK

実行後、バージョンが表示されないなどあれば環境変数の設定、
JAVA_HOMEの設定が必要になります。